2020年01月15日

衝撃吸収ボディ

これ、よく考えたら怖い仕組みだね。

クラッシャブルゾーンで衝撃吸収するってことは、ラジエーターとかの補機はほぼ壊れるわけで、自走でなんとかすることは不可能。山の中でなんかあったらアウトだ。帰れない。

その点ロッキーは、車格にそぐわない頑丈なラダーフレームに直付の鉄バンパー。どこにぶつかってもぶつけられても歪みすらしなかった。
俺的に言えば「ぶつけてナンボ」である。

ジムニーもラダーフレームだけどバンパーはプラだし、結構恐る恐る乗ってる感がある。
まぁ今のバンパーが壊れたらアピオあたりで直付バンパーに変えてしまおう。
posted by と at 18:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バンパーはやっぱり鉄製が安心できますね。
ただ最近のジムニーの場合対人衝突を考慮したペラペラボンネットなので何処まで効果がでるか…
Posted by ばんばん at 2020年01月27日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]